建築と契約

設計者が取り交わす建築設計業務契約、監理契約業務契約、また、調査業務契約、コンサルタント業務契約についての解説と紹介。


スポンサード リンク


設計者等が行うべき事項

管理建築士等は、これから行われる設計業務、工事監理業務等の内容や業務範囲、また、報酬基準について、クライアントに説明をしなければなりません。(建築士法の規定)

それに伴って、設計受託契約、工事監理受託契約等を取り交わすことになります。

 

参考リンク

日事連

「建築設計の委託者(建築主)に対する設計内容に関する適切な説明」のガイドライン(.pdf)

説明すべき設計内容等のリスト等をまとめたガイドライン。

四会連合協定建築設計・監理業務委託契約書式について

 

契約書の書式

契約書は、依頼者と委託者共通の約束事を書き留めておくものなので、その書式に決まった形はありませんが、一般的には、民間(旧四会)連合が作成した、

「建築設計・監理業務委託契約書・契約約款・業務委託書」

「建築設計業務委託契約書・契約約款・業務委託書」

「建築監理業務委託契約書・契約約款・業務委託書」

をベースにして、建築規模や責任範囲に応じて加筆・修正を加えたものを取り交わします。

四会連合協定

 

参考リンク

『民間(旧四会)連合協定 工事請負契約約款』

日本建築家協会

四会連合協定 建築設計監理業務委託契約書改正のお知らせ

JIA版建築設計・監理業務委託契約書を使用する場合のお願い


スポンサード リンク