Adolf LOOS/アドルフ・ロース


スポンサード リンク


Adolf LOOS/アドルフ・ロース:略歴

  • 1870年 モラヴィアの首都ブリュン
  • 1890年 ドレスデン工科大学に入学
  • 1906年 アドルフ・ロース建築学校設立
  • 1908年 「装飾と犯罪」執筆
  • 1920年 ウィーンの住宅建設局の主席建築家に就任(~1922年)
  • Adolf LOOS/アドルフ・ロース:主な作品

    • カフェ・ムゼウム(ウィーン、1899年)
    • アメリカン・バー(ウィーン、1907年)
    • シュタイナー邸 Steiner House(ウィーン、1910年)
    • ロースハウス Looshaus(ウィーン、1911年)
    • ルーファー邸 Rufer House(ウィーン、1922年)
    • トリスタン・ツァラのスタジオと家 (モンマルトル、1926年) - ダダイストの住宅
    • Khuner Villa(クロイツベルク 、1930年)
    • ヴィラ・ミュラー Villa Müller(プラハ、1930年)

    Adolf LOOS/アドルフ・ロース:YouTube

     

    A highspeed-journey through the spinal cord of Adolf Loos.

    For their film "The Man with Modern Nerves", Bady Minck and Stefan Stratil built a model based on sketches by the architect Adolf Loos, which he had originally designed in 1923 for a city-hall project in Mexico-City. The step-pyramid of his sketches is not only animated in their mise en scène, but becomes involved in an abstract game of geometric forms, light and shadows, reminiscent of certain films of the 20ies, like Oskar Fischinger's "Orgelstäbe". More than just an animation of the model, the film reveals Adolf Loos's architectural concepts of surface and the volume of space.
    (Jean-Michel Bouhours "La ville et le cinéma", Éditions Centre Pompidou, Paris 1994)

     

    Architecture by Adolf Loos

     

     

    Adolf Loos - Moller House 1929


    スポンサード リンク